© Copyright 2015 - 2019 P.A.I.N.T. Inc. All Rights Reserved.

No part of this site may be reproduced, stored in a retrieval system or transmitted in any way or by any means (including photocopying, recording or storing it in any medium by electronic means), without the written permission of P.A.I.N.T. Inc.

リミッツ オンラインマッチ シーズン2 Match 4 & 5 レポート


February 03, 2020

2020年1月31日、Match 4 とMatch 5 が実施されました

Match 4

森魚 vs かすみん

テーマ:時間 x 飛躍

両選手、まずは背景を着色。
BLUEコーナー森魚選手は線画で描き始める。
対するREDコーナーかすみん選手は、塗りでシルエットを描いていく。
 

森魚選手、雪を描き、一部をぼかして遠近感を表現。
そして新たなキャラクターを描き始める。
 

かすみん選手、透けた青い円を描き複製して配置していく。
 

さらにキャラクターを描き足していく森魚選手。
 

かすみん選手、時計を描いていく。
時空間を移動しているような表現か。

描いていたキャラクターを非表示にし、前半に仕込んでいた窓を表示させた森魚選手。
窓から白い光のようなものがキャンバスに広がり、埋めつくしていく。
 

キャラクターの周りを青白く発光させたかすみん選手。
 

森魚選手、木を描き雪景色を表現。
さらに、新たに馬のシルエットを登場させた。

ここで、タイマーがゼロになり、試合終了。

試合映像はこちら

総括

丁寧な線画で物語を作っていった森魚選手。
様々にストーリーを描き、最後には真っ白な画面で遠景を表現し、想像を超えた展開を見せた。

キャラクターのシルエットに始まり、背景、光の演出など、奥行きのあるシーンを描いたかすみん選手。
空間を歪ませたり、色味を変更したりと、デジタルならではの見せ方が印象的だった。

オーディエンス投票は僅差ながら、特にテクニック面が審査員評価につながり、かすみん選手の勝利。

 

Match 5

ZIMMA vs momoseven

テーマ:風 x 飛躍

背景から描き始めたBLUEコーナーZIMMA選手。
対するREDコーナーmomoseven選手は線画でキャラクターを描いていく。
 

アニメーションのコマのように描いていくZIMMA選手。
 

momoseven選手、キャラクターに着色していく。
 

両選手、同じタイミングでキャラクターの顔を描き込む。
 

momoseven選手、選択ツールを使用し風によって服が破れていく表現。
 

コツコツと描いていくZIMMA選手。着実に動きが出来上がっていく。
 

ギリギリを攻めるmomoseven選手。
キャラクターの表情を笑顔に描き変えた。
 

背景の両端に青い色を描き足すZIMMA選手。
 

momoseven選手、キャラクターの周りが輝いていく。

ここで、タイマーがゼロになり、試合終了。

試合映像はこちら

総括

開始5分で背景を描いたあと、コマ送りのアニメーションを作ったZIMMA選手。
テーマの「飛躍」を表現する、躍動感のあるアニメーションを完成させた。

独特なブラシを用い、キャラクターと背景を描いたmomoseven選手は、
後半6分を切ったところでキャラクターの服が飛ぶというコミカルな表現でテーマにアプローチを行なった。

いずれも個性が光る表現を行い、アイディア面での審査員評価が高かったが、同点でオンラインマッチ初の引き分けとなった。