© Copyright 2015 - 2019 P.A.I.N.T. Inc. All Rights Reserved.

No part of this site may be reproduced, stored in a retrieval system or transmitted in any way or by any means (including photocopying, recording or storing it in any medium by electronic means), without the written permission of P.A.I.N.T. Inc.

リミッツ オンラインマッチ シーズン2 Match 1, 2 & 3 レポート


January 30, 2020

2020年1月24日、いよいよシーズン2がスタート。Match 1とMatch 2、Match 3が実施されました

Match 1

かすみん vs Eiko

テーマ:鳥 x 成長

REDコーナーEiko選手、早々と鳥の形を描き始める。
対するBLUEコーナーかすみん選手、ラフな線で背景の遠近感を描き始める。


開始1分30秒で早くもペンギンを描いたEiko選手
 

独特な色彩で塗り重ねていくかすみん選手。

描いたキャラクターに、翼を描き足していく。
世界観の構築が早い印象。
 

Eiko選手、背景を青く着色し展開を見せる。

赤ちゃんペンギンを描いたEiko選手

線をにじませ、空にオーロラを描いていく。
 

光の表現が印象的な両選手。
 

キャラクターに表情を描いていくかすみん選手。
表情が入る事で、ストーリー性が見えてくる。
 

サインを書き込むEiko選手。
ここで、タイマーがゼロになり、試合終了。

試合映像はこちら

総括

鮮やかなカラーを使用するところから始め、未来的な背景を描いたかすみん選手。
迫力を感じる構図と、様々に色味を使いながらもまとまりのあるシーンを作り出した。

ペンギンの親子を描き、モノトーンのシーンから印象的な色味をつけていったEiko選手。
縦構図を活かし、オーロラや空を飛ぶペンギンの親子など、ドラマチックな場面を描いた。

審査員得点は互角、オーディエンス投票を加えた結果、勝者は Eiko選手。

Match 2

深瀬きび vs 茶んた

テーマ:地下 x 行動

キャラクターから描き始めたREDコーナー茶んた選手。
対するBLUEコーナー深瀬きび選手、背景のラフを描き始める。
 

茶んた選手、簡単なラフの上からキャラクターを描き込んでいく。
 

キャラクターの手に鎖を描いていく深瀬きび選手。
地下に捕らわれた表現か。
 

対する茶んた選手、キャラクターの手に剣を描いた。
 

ほぼ同時に新たなキャラクターを描き始めた両選手。


線画から厚塗りへと描き方を変えてきた茶んた選手。
不気味さを演出か。
 

茶んた選手、剣でドクロを両断。
 

選択範囲を塗りつぶし、ハートを描いた深瀬きび選手。
 

茶んた選手、斬られたドクロが爆発。
 

残り15秒、捕らわれたキャラクターの目にハートを描いた深瀬きび選手。
 

ここで、タイマーがゼロになり、試合終了。

試合映像はこちら

総括

デフォルメの効いたキャラクターでシーンを展開させていく深瀬きび選手。
スピード感のある作画で、魅力的なキャラクターデザインを存分に魅せた。

メインのキャラクターは線画、背景は厚塗りと、技法・見せ方を変えた茶んた選手。
わかりやすい作画と展開で、安定感のある20分となった。

オーディエンス票は深瀬きび選手、審査得点は茶んた選手に軍配が上がり、僅差で茶んた選手の勝利。

Match 3

YouYarn vs Hirofumi Mochizuki

テーマ:地下 x 運命

選択ツールで描き始めたBLUEコーナーYouYarn選手。
対するREDコーナーHirofumi Mochizuki選手は黒をベースに描き始めた。
 

特殊な描き方で、人のシルエットを描いていくYouYarn選手。
 

描いたものをコピーし、素材として貼りつけていくHirofumi Mochizuki選手。
 

YouYarn選手、黒で描いた背景の後ろに、グレーのシルエットで遠景を描いていく。
 

キャンバスを拡大したHirofumi Mochizuki選手。
穴から差し込む光を描き、地下を表現か。
 

YouYarn選手、新たにウサギを描き作品の印象に変化が。
 

Hirofumi Mochizuki選手、キャラクターが飛び立つ。

穴から光が差し込む表現。
 

キャラクターを描き足していくYouYarn選手。
 

作品全体の色を変化させ、展開を見せたHirofumi Mochizuki選手。
YouYarn選手はサインを書きこむ。

ここで、タイマーがゼロになり、試合終了。

試合映像はこちら

総括

選択ツールを使用し、塗り潰すような形で描いていくYouYarn選手。
細かなブラシのタッチも組み合わせ、20分の中で様々に作風を変え、独創的な世界を作っていった。

黒をベースに、小さな光を描くことで地下をイメージさせたHirofumi Mochizuki選手。
人物をコピーすることで、飛び立つような表現を加えて展開を加えていった。

審査得点ではYouYarn選手が勝るも、オーディエンス投票で差がつき、Hirofumi Mochizuki選手が勝利となった。