© Copyright 2015 - 2019 P.A.I.N.T. Inc. All Rights Reserved.

No part of this site may be reproduced, stored in a retrieval system or transmitted in any way or by any means (including photocopying, recording or storing it in any medium by electronic means), without the written permission of P.A.I.N.T. Inc.

リミッツ オンラインマッチ シーズン1 Match 3 & 4 レポート


November 11, 2019

2019年11月8日、Match 3とMatch 4 が実施されました

Match 3

マスクド・リョウマ vs 森魚

テーマ:自然 x 発光

まずはアタリをとってから描くブルーコーナーのマスクド・リョウマ選手。
レッドコーナー森魚選手は、直接線画で描き始める。
 

マスクド・リョウマ選手、キャラクターを着色。
 

開始から5分が経過。迷い無く描き進める両選手。
 

複雑な線や色を、一つのレイヤーに描き込んでいく森魚選手。
 

森魚選手、背景を表現していたかと思われていたが、人物の造形が浮かび上がる。
 

両選手、具体的ワードの自然を表現。抽象的ワードの発光をどう表現するのか注目。
 

ひとつのブラシと塗りつぶし機能だけで描く、シンプルな描き方で共通する両選手。
しっかり線を描いた後に着色するマスクド・リョウマ選手に対し、
森魚選手は、ざっくりと線を描いて塗りつぶし、絵を構成していく抽象的な描き方という点で違いがある。
 

マスクド・リョウマ選手、感電して発光するシーンをコミカルに表現。
 

森魚選手、球体が発光しているかのような表現。
 

両選手、最後まで制作。
ここで、タイマーがゼロになり試合終了。

ダイジェスト映像はこちら

総括

2名とも線画からスタート。
わかりやすいシンプルな線画で、複製や塗りつぶしなどのツールを使用し、
キャラクターをコミカルな表現で描いたマスクド・リョウマ選手。

複雑な線画を重ね、デザイン的な画面を作っていき、
アースカラーで着色することでまとまりのあるモチーフを描いた森魚選手。

勝者は、REDコーナー 森魚選手。


Match 4

柳澤康介 vs あらなみ 

テーマ:柱 x 発光

ブルーコーナー柳澤康介選手、スポイトツールで中間の色を取りながら厚塗りで背景を描き込む。
レッドコーナーあらなみ選手、アタリをとり線画でキャラクターを描画。
 

あらなみ選手、描いたキャラクターに着色していく。
 

柳澤康介選手、新たにキャラクターを描画。
黒で描いたシルエットに、光を描き込んで立体感を出していく。
 

黒い背景の中に柱を描き足していくあらなみ選手。
 

あらなみ選手、さらに柱の中に新たなキャラクターを描いていく。
 

対する柳澤康介選手も作品の中央に新たなシルエットを描画。
 

あらなみ選手、柱の中のキャラクターが発光する演出。
 

新たにレイヤーを追加した柳澤康介選手。

レイヤーのブレンドモードを変更し、キャンバス全体に着色。
こまめにレイヤーを結合しながら制作。

 

キャラクターの表情を変化させる、あらなみ選手。
対する柳澤康介選手、キャラクターの目が発光していく。
 

さらに発光の表現を増やす両選手。
ここで、タイマーがゼロになり、試合終了。

ダイジェスト映像はこちら

総括

柳澤康介選手は、まずブラシの濃淡のみで背景をスピーディに描いた。
下から見た構図で大きなモチーフを効果的に見せ、SF映画のワンシーンの様な画面を作った。

あらなみ選手は、コミックタッチの線画と着彩に、レイヤーの効果を用いて光を乗せ、ドラマチックな画面にしていく。
人物の表情が変わっていく様子を見せながら、キャラクターの関係性を表現した。

勝者は、BLUEコーナー 柳澤康介選手。