EVENT

2日間の熱闘!ジャパンファイナル最終予選レポート!!

2日間の熱闘!ジャパンファイナル最終予選レポート!!

 

東京渋谷のカルチャーカルチャーにて開催されました、
LIMITS JAPAN FINAL 最終予選!
2日間に及ぶ熱い戦いを制し、24名のアーティストの中から
決勝大会へ駒を進めた6名が決定しました!

4人同時にバトルするというLIMITS史上初の試み。
テーマの解釈も作風も四者四様で観戦のスピード感はいつもの倍!?

 

 

2日目は初日の上位2名をシャッフル。
別チームでのバトルロイヤル!

 

 

 

 

バトルの合間にはLIMITS応援団長Booさんがアーティストを深掘り。彼らの素顔に迫ります!


個性豊かなアーティストの様々な画風、技、ストーリー展開があり
非常に濃い内容の2日間でした。

 

その結果、決勝大会進出を果たしたのは以下の6名!!

(「」は決勝大会への意気込みを抜粋)

6位:Hirofumi Mochizuki
繊細な画風と色を上手く使ったストーリー展開が冴え渡っていました!

「アイデアとスキルを磨いで次も頑張りたいです!」

 

5位:白黒灰脂
テーマの解釈にフックがあり、LIMITSリーグ戦常連の風格を纏った感あり。お見事でした。

「忘れものは、忘れた処にしか取りに行けない。
(決勝大会に)忘れ物を取りに行きます!」

 


4位:ktym
優しい画風と毒のある世界観にネット投票が集まりました。

「出るからにはちゃんと勝つ!
これからもっと成長して挑みたいと思います!」

 


3位:中谷知博
フォトコラージュという別角度からの表現が大変面白いと評判でした。LIMITSで新たなジャンルを確立するかも?

「次はバロンさんと対戦することになったんで、
出来るところまで頑張って勝とうと思います。」

 

2位:上田バロン
関西の重鎮は圧倒的なクオリティで問答無用の両日1位通過!誰も真似出来ないバロンワールド。流石でした!

「色んな人からの応援を糧に、次も頑張りたいと思います!」

 

1位:AKI
テーマの発想力、画力、演出とLIMITSに求められる要素持ちながら、とにかくわかり易い王道的な作風で非常に多くの票を獲得!
正に”新星現る”です!
「めちゃくちゃ楽しく描かせてもらいました。それが共有出来たのなら本望です。次も楽しんでもらえる様にがんばります!」

 

多くの応募者から選考会を勝ち抜いた24名。
どのアーティストも個性あふれる素晴らしい作品、素晴らしいバトルを見せてくれました。

感動の二日間。見逃した方はYoutubeでもご覧いただけます。

LIMITS JAPAN FINAL最終予選 DAY1 Supported by Wacom

LIMITS JAPAN FINAL最終予選 DAY2 Supported by Wacom

そして既に出場の決まっているリーグ戦覇者6名を含めた決勝大会のトーナメントがこちら!

LIMITS JAPAN FINAL決勝大会

会場:あべのROCKTOWN
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 あべのキューズモール4F

DAY1 2018年4月14日(土曜日)
開場:17:30 開演:18:00
1回戦−4回戦+エキシビジョンマッチを含めた全6試合

DAY2 2018年4月15日(日曜日)
開場:12:30 開演:13:00
準々決勝から日本1を決めるまで全8試合

どちらも刮目必至のバトルオンパレード!

この興奮は是非とも会場で。

チケットは絶賛発売中です!!!

また、7月以降のリーグ戦先行エントリーも受付中!!
エントリーに経歴や実績など一切不問です。
気持ち一つでチャレンジしてください!!
エントリーはコチラから!

さあ果たして日本一のLIMITSアーティストは一体誰なのか?

4月14日、15日の決勝大会をお楽しみに!

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top