INTERVIEW

LIMITS エントリーエピソード 【Vol.2 AKI】

LIMITS エントリーエピソード 【Vol.2 AKI】

LIMITSアーティストに参加したきっかけやその後のエピソードなどをインタビュー!

LIMITSでは、参加アーティスト絶賛募集中!
まだエントリーを迷われているあなた!
エントリーの参考にしてみては!?
エントリーはこちら


今回インタビューにご協力いただいたのは・・・
初出場からたった2ヶ月で電撃的な快進劇をみせた
25歳のスーパールーキー AKI
さん!

2018年3月に開催されたLIMITS JAPAN FINAL最終予選を首席で突破!
その期待を裏切らず、4月のJAPAN FINAL決勝大会で準優勝を果たし

5月の世界大会「LIMITS WorldGrandPrix2018」へも出場
7月に開催されたMonstArtBattleではあの世界王者AhmedArdooriをも撃破

その実績に反してゆるふわ〜なキャラクターから、「のんびりした人なのかな?」
と思いきや、中身はコダワリ尽くしの商業アート職人だった!?
普段は絵でしか語らないと言う、イラストレーターAKIの本心に迫ります

商業イラストレーター AKI
LIMITS
この様なインタビューっていかがですか?
AKI
私は商業イラストレータであり、自己表現を目的としているわけではないので、私の考えを言葉で発信することは、必要なことではないと思っています。
でも思ってること、考えてることは沢山あるので、みなさんにお話しできる機会をいただけてうれしいです。
LIMITS
ファンの人に向けて言ってもいいんじゃないですか?
AKI
いるのですかね?私のファン?
ファン欲しいですw
有名な方がお話しするのは分かるんですが、私みたいなのがって、少し思ってしまいます。
LIMITS
いえいえ、お話聞きたいですよ!それでは本日はよろしくお願いします。
LIMITSでのコダワリ
LIMITS
早速ですが、LIMITSに参加する上で特に気にしていることを教えて下さい。
AKI
私の武器はストーリーです!
あの(作画)技術のお化けみたいな人達とそのまま勝負しても勝てないので。。。
AKI
LIMITSでは、如何に1枚の絵の中でキャラクターの人生やストーリーをドラマチックに見せられるかが自分のポイントです。
なので毎回、テーマの準備をしっかりします。
実は密かにWorldGrandPrix2018ではテーマの10×10のアイデアシート作っていました。
私はストーリー重視なので、下準備が全て、テーマが発表されてから勝負開始です。
LIMITS
時代劇的な和モノ作品を多く描かれてますよね
AKI
昔から時代劇が好きで、LIMITSでも和モノを描くのですが、
きっかけは好きな役者さんが岡田以蔵をやるので、どんな人物か知りたくておじいちゃんに借りた司馬遼太郎の小説でした。
他には戦隊モノとかも好きです。
少女向けより少年向けのものが好きなんです。
AKI
アニメや、漫画、舞台とかエンターテイメントが大好きで、舞台はよく東京や大阪に見に行きます。
私自身がオタクカルチャーの受け手なので、自分が描く時も見ているお客さんに喜んで欲しい。とにかくお客さん第一でやっています。
AKI
例えば、以前MonstArtBattle*で描かせていただきましたけど、
会場のお客さんが何を見たいのかすごく考えて、準備のために出来るだけモンストのアニメを見たり、初日終了の後にもモンスト好きの友達に聞いたりして、楽しんでもらえる準備をしました。

*MonstArtBattle:XFLAG PARK 2018にてLIMITSが出展したモンスターストライクコラボレーションのデジタルアートバトル 

AKI
絵を描いて喜んでもらえるのが好きなので、見てもらう人に楽しんでもらいたいといつも思っています。

LIMITSとの出会い
LIMITS
LIMITSとの出会いを教えて下さい
AKI
JAPAN FINAL*最終予選の名古屋予選をうちの学校(名古屋デザイナー学院)でやっているときに、私が体験入学の引率をしていて、そこで初めてLIMITSに出会いました。
「誰かやってみない?」って言われて手を挙げたのがLIMITS初体験です。

*JAPAN FINAL:LIMITS 2017−2018シーズンの日本大会

AKI
そこで運営の方に「予選に出てみる?」って声をかけられて、興味をもってもらえたのが嬉しくて参加しようと思いました。
その時はベテランの出場者の技術を間近で見られるんだったらいいな!という気軽な気持ちもありました。

最初の舞台JAPAN FINAL、そして続く大舞台WorldGrandPrix2018
LIMITS
JAPAN FINAL決勝大会で歴代の王者に勝利し、瞬く間に準優勝しましたがその時はどんな気持ちでした?
AKI
JAPAN FINAL決勝大会に出ることに緊張とかプレッシャーとかは無かったのですが、
審査員にめっちゃ辛口審査の谷口さん*という人がいる!と聞いていたので、谷口さんが怖かったです。
沢山生徒も見てる前でダメ出しされたらどうしよう。。って思って。ホント事前にお土産渡そうかな!?とか思うぐらい(笑)

*谷口純弘氏:FM802 / digmeout プロデューサーであり鋭く的確な評価でずっとLIMITSを育てて来た名審査員

AKI
そんな中、初戦の感想が谷口さんに振られて、「やばい!終わった!」思っていたら、すごく褒められて!ほっとしました。
そこが私のJAPAN FINALのハイライトの一つです(笑)
AKI
試合に勝った時は、素直に嬉しかったです。
ですが、勝ち負けだけではなく、WorldGrandPrix2018のアオガチョウさんとの再戦の時、私との対戦前にすごく準備をされているのを見て、高校の時から尊敬して、大好きなアオガチョウさんが本気で当たってくれてるのを感じて本当にうれしかったです。
話すだけでもすごいのに、一緒に絵を描けるなんて、こんなにすごい事が起きるんだ!っていうLIMITSならではの体験でした。
AKI
私自身負けず嫌いなので、もしかしたら負けたら泣いてしまうかと思っていたんですが、
JAPAN FINALの決勝戦でGODTAILさんに負けた時も、WorldGrandPrix2018の1回戦でアオガチョウさん負けた時も、相手の作品が「これはスゴイ」という納得の負けだったので、逆にここに行く!というのがしっかり見えて、目標を見つけられてうれしかったです。

LIMITSで変わったこと
LIMITS
LIMITSに関わって何が変わりました?
AKI
大きいイベントに関われるのがすごいうれしいです。
MonstArtBattleに出させていただいたときに、村田さん*に呼ばれて入場する事なんて、今後一切ないですよ!

*村田太志氏:声優。人気スマホゲーム「モンスターストライク」のキャラクター坂本龍馬役。MonstArtBattleではMCを担当

AKI
また、ベテランのイラストレーターさんと話せる事。
ただのファンではなく、一緒にLIMITSに参加する仲間として話せるのはむちゃくちゃ勉強になる。
新しく入った事もありLIMITSの先輩達にはホント良くしてもらっています。
先輩達には、まだまだ甘やかして欲しいです。褒めて下さい(笑)
AKI
同世代、若手はKathmiさんとかTAKUMIさんとかですが数少ないです。
同世代が増えて友達増やしたい感はありますが、まだルーキーでいたいので、新しい人が来たら倒します(笑)

今後の目標
LIMITS
今後絵描きとして、LIMITSアーティストとしてどうありたいですか?
AKI
私は、海外志向が無いです。私は日本の文化が好きで、日本で売れたい。
AKI
WorldGrandPrix2018で百鬼夜行を描いたのですが、これ海外の人分かるのかな?っとふと疑問に思ってYouTubeのコメント後で見直したんですが、妖怪ナイトパレードって書かれていて盛り上がっていました。
絵で海外に私のストーリー、日本の文化は伝わるという事を体験しました。
AKI
なので、私は海外で売れるとしても、日本の文化で売れたい。
私の好きな日本のオタクカルチャーで売れたいと思っています。
AKI
商業イラストレータとして、多くのお客さんに喜んでいただいて、多くのお金いただくのが一番名誉なことだと思っています。
LIMITSでも、次の世界大会で優勝して、一番多くの賞金をいただきたいです。
AKI
そのためには誰が来ても勝てるようにならないといけないので、誰かを意識せず、
キャラクターをもっと見せられるように技術を上げていきます。

LIMITS
日本のオタクカルチャーへの深い愛と、顧客第一というプロとしての強い想いが、彼女の中から溢れる沢山のストーリーの源でした。
今後の活躍もすごく楽しみです!

新シーズン到来!
あなたもLIMITSの舞台で活躍出来ます。
この機会にエントリーしてみては如何でしょうか?
エントリーはこちら


AKI(あき)
プロフィール:
1993年5月生まれ
三重県出身 名古屋在住
Force of Willなどカードゲームイラストを中心にフリーランスで活動中。
現在はイラストのみならず漫画の仕事にも積極的に取り組んでいる。

代表作品
TCG Force of Will

LIMITS アーティストページ
https://app.limits.jp/artists/AKI
Official site
http://aki511mr-blog.tumblr.com/

 

 

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top